ラブリー君の勝利☆合格おめでとう!☆「永遠の零」感想文を書かなくっちゃ。

画像ラブリー君ですが、、、
第一志望だった公立T高校合格しました。
ご声援いただいた皆様。
本当にありがとうございました。

3月18日、朝、午前10時。。
現場に近づいた私は、校舎のほうから聞こえている
怒涛のような歓声に、思わず悲壮な気持ちになりました。。
ラブリー君が3月10日に受験した大阪府公立高校の
一般選抜試験の合否発表の日でした。



「来るんじゃなかった!」





中学の担任の先生に懇談の度に止められました。





「勉強ができるだけではダメ!」


「万が一、入学できたとしてもそれからが大変」



受験寸前まで先生の反対のコールは続きました。

私としては「不合格でもいい!
ラブリー君が思いつめているのならば
きちんと結果を出してあげたい!」

私も諦めていました。って言うか本当にT高校はラブリー君には無理!

模試でも一度も合格点を出したことがなかったんです。
内申点も足りてないし、そりゃあもう、こちらも何度も止めましたが、本人が頑として聴きません!
だから玉砕覚悟の受験だったのです。




合否発表の日は、そのまま私立高校の入学金を払込むつもりで入学金をバッグに入れて行きました。。。



そのくらいハードで難関な高校


伝え聞くに、入学試験よりも、T高校のカリキュラムがすごすぎ。


●うわさ!「体育の授業が死ぬほどハード」らしい。
●うわさ!「夏には、電気も水道もガスもない山中で合宿させられる」らしい。
●うわさ!「離島まで5kmの遠泳をさせられる」らしい。
●うわさ!「1月に、高野山へ耐寒登山をさせられる」らしい。



アクティブなお子様でしたら、楽しくクリアできる要素でしょうが

ラブリー君は体育が苦手。

しかも「苦しい状況に自分を追い込んで精神修養を図る!」
って、絶対できない種類の人間なのです。










話がそれました、、




画像




「不合格でいい!私学に行ったほうがラブリー君には合っている」
と、いい続けた私でしたが

実際に合否発表の場面に赴いて激しく後悔しました。


「来るんじゃなかった!」
周囲は、みんな歓声を上げていて、、どの子を見ても喜びにあふれている。
そんな中で一人、不合格の現実を見せつけられて泣く泣く帰るのか????

暗澹たる気持ちで、でもラブリー君は電車で一緒になった友達とのん気に発表を見ています。

まったく!友達だけが合格してラブリー君だけが不合格だったらどうするの?

ハラハラする母の気持ちなんかお構いなし。その自信はどこから来るんだ~!!





でもでも、合格しちゃったよ。ラブリー君。

今年は、去年までの前期後期試験制が撤廃されて普通科(特殊技能科以外の学科)は一回しか
試験が受けられなくなっちゃって。
それまで、立てていた受験計画がガラガラと崩れて行きました。
中学側では、一人でも不合格者を出したくない!と、ほとんどの生徒に入学範囲内の
私学への専願を薦めて、いつもの年よりも私立高校に専願する生徒さんが多かったようです。

ラブリー君も私学への専願を薦められました。
私も、それでいいと思ったんですが、、、、、、。
ラブリー君の熱い思いは止められませんでした。




結果的に、今年の入試出願倍率はすごく少なかったんです。


だからラブリー君はすごくラッキーだったんです。

ただ、本当にT高校は大変な高校なんです。ラブリー君が落ちこぼれずに
ちゃんと授業に付いて行けて、しっかり卒業までたどり着けるか…
死ぬほど心配な母なのでございます。






画像合格が決まったその日、早速宿題がどっさり出ました

その中で、学校が選んだ1000冊の本の中から数冊を選び出して読み、あらすじと感想・批評を書く。
と、言う課題がありました。
これこそ、私の得意分野!なんなら、あらすじから感想までやってあげたい!
けど、そこまでやってはラブリー君の威信に関わります~~。
で、本のチョイスとその本に対する感想を口頭で伝えました。

ラブリー君が真っ先に手に取ったのは「永遠の零(0)」
やはり飛行機好きなラブリー君。飛行機物を真っ先に手に取りました。
その本は、語り部が入れ替わり、各人の受けた印象から”一人の人物(宮部久造)の印象が、それぞれ変わる。
その文章を理解できるのか?いささか不安でしたが

ラブリー君の感想は、戦争についての知識が一方的に流された情報だけで。報道と言うものの影響が大きい。という事に注目していて、残念ながら主人公や宮部や当時の若者の心情や戦争の悲惨さについてなどの感想はまったくありませんでした~。まあ、これもラブリー君の感性なんですよね。)

とにかくラブリー君!がんばってね。
君は、私とも姉のスイートちゃんとも違う人間だ。
君は小学校でいじめられたり、今まで、つらいことをいっぱい経験した。
できれば、その体験を生かして、人に優しく接してほしいけど、、
無理かもね~。

母の願いとしては、できるだけ幸せと思える人生を送ってほしい。

神様、ラブリー君が彼の選んだ道をしっかり歩いて行けますようにお見守りください。


このブログを通してラブリー君に声援をいただいた皆様にも
深く、深くお礼を申し上げます。







画像ラブリー君の合格した高校の図書室。窓際のテーブルに、おしゃれなカップが、、、、。


カフェっぽくて素敵だな~。と思って写真を撮って、、よく見たら、
カップには「消しゴムのカス入れ」とありました~~。


う~~ん。やっぱ手ごわいな~~。









永遠の0 [ 百田尚樹 ]
楽天ブックス
講談社文庫 百田尚樹 講談社BKSCPN_【戦後70年】【チラよみ対象商品】 発行年月:2009年0


楽天市場 by 永遠の0 [ 百田尚樹 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








ゾウの時間ネズミの時間 [ 本川達雄 ]
楽天ブックス
サイズの生物学 中公新書 本川達雄 中央公論新社発行年月:1992年08月 ページ数:230p サイ


楽天市場 by ゾウの時間ネズミの時間 [ 本川達雄 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"ラブリー君の勝利☆合格おめでとう!☆「永遠の零」感想文を書かなくっちゃ。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: