やまねあやの様。「ネイキッド・トゥルース」そろそろ話しに進展がほしいんですけど~。

画像ファインダーの標的
以前に書きました「クリムゾン・スペル」の第2巻がやっと出るようです。しかし!!!なんと3月24日!わたしは、25日から31日まで高知の実家に帰省するんですよ!どうしよう!?24日に近所の書店に並ぶ可能性は限りなく低いし、通販で購入しても着くのはいつ???あ~~ん。

さて、話しは変わって、現在、ビーボーイGOLDで掲載中のコミック。「ファインダーシリーズ」の「ネイキッド・トゥルース」なんですが2005年の12月号から、香港編がはじまって、「ず~~~~~っと」もう、1年以上、秋仁が飛龍(フェイロン)に香港で捕らえられたまま、話が進展しないんですよ~。
お話しは「ファインダー」シリーズの3巻「ファインダーの隻翼」からの続きです。

ストーリーは、フリーカメラマンの高羽秋仁は、闇の世界の実力者で謎の男「麻見」を追ううちに、彼に捕らえられ、陵辱されてしまうんです。しかし、力に屈服しない秋仁を次第に麻見は、気に入ってしまったようで。事あるごとに、やばいことに首を突っ込んではやばいコトになっちゃう秋仁を助けてくれたりしてるんですよね~~。

で、「ネイキッド~」は、飛龍と麻見の因縁の争いに首を突っ込んだ秋仁が、飛龍に撃たれた麻見の目の前で飛龍に香港へさらわれちゃったところから始まりました。
そこで、飛龍の性奴隷のように扱われても、どうにも逆らえないし、逃げ出すこともできない。まあでも、敵ながら飛龍ってば美形だし、長髪だしとってもワタシ好み!実は、香港マフィアの養子で、慕っていた養い親と実の親を麻見に殺されたと、勘違いして、麻見を宿敵として恨んでいるんだけど、本当は恨みだけではない複雑な感情があるみたい。

それに気がついた秋仁も、なんだか、麻見と飛龍の関係が気になっちゃってるんですが、とにかく早く日本に帰りたいんだけど。
麻見が、秋仁を取り返すために、飛龍の大切なカジノ権利書を奪って秋仁と交換する条件を提示してくると、なんと!「そんな大切なモノを、交換していいのか?俺が麻見と交渉してやる」と、言い出す始末。

秋仁クン、人がいいのは分かるんだけど、あんたそんなコト言っている場合じゃないでしょう?折りも折り、飛龍は仲間の裏切りで気持ちが傷ついて、ナーバスになっちゃって、そんな一生懸命な秋仁に「わたしの物にならないか…」と、愁いを帯びた目で言い寄っちゃうし。どうする?秋仁!

画像
って、ところで4月号のBB GOLDですが表紙の「麻見」氏。
飛龍に撃たれてから、私たちには1年以上経っているわけですが、彼らの時間軸ではまだ1っヵ月も経ってないみたいですね。まだまだ、傷が痛々しいんですが、この表紙のイラストで見ますと、ちと線が細いですね。「ファインダーの標的」では、けっこうガタイのいいアンちゃんなんですが、この表紙ではまるで少年のような線の細さが、まあ、別の意味で色っぽいですね~~。

おまけに、オバさんは、しっかり見ますよ。ええ!ズボンの前が開いてます!どうやら、麻見氏はカラーブリーフ派の様ですね。これは、やっぱり一向に話しが進展しないで、イライラしているファンへのあやの先生のサービスでしょうか?

とにかく、早く麻見氏に登場願って、秋仁を救い出すなり、飛龍と因縁の決着をつけるなり、お話を進めてください。
もう、ゲーム機もDSからDSライトになり、Wiiまで発売になって、日本は首相も交代しましたよ。
できれば、飛龍の誤解を解いてあげたいですねえ。彼は、麻見の事が好きだと思うけど、麻見は、いま秋仁に夢中だし。かわいそうだけど、とにかく、仲直りして例の美形のロシアンマフィアとでも、くっつけてあげてください。いっそ、麻見とは父親の違う兄弟だった!?
なんて、オチもいいかも?お願いだから、飛龍を死なせないでくださいね。彼って、本当にワタシ好みなんです~~。さっさと、このシリーズに結末をつけて、飛龍の幸せなラブラブの別ストーリーを描いてほしいな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • かなた

    poppy-23様☆こんにちは

    やまねあやの様のこのシリーズ知ってますよ・・・
    ごっついですよね~!!!!!!
    絵も綺麗なのでついつい手に取ってしまいますが(汗)

    いや、この本も気になるところではありますが、
    実は私、poppy-23さんがとっても気になります!!!
    poppy-23さんの記事って面白いです!
    ドンドン読めちゃう。内容も分かり易いです。
    ホントはかなり以前から覗いてたんですよねー。
    でも、高知出身って書いていたから「もしかして知り合い?」
    ということもあると思って避けてました(笑)
    安芸には知り合いはいないので、心置きなくドンドン寄らせて頂きますゎ。


    2007年03月09日 18:04
  • ゆの

    poppy-23様☆こんばんは

    poppy-23様の語りが面白いですぅε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
    BB GOLDの表紙絵はそそられます・・・
    包帯、傷はKOされちゃいますよね
    そして見逃さない、開いてるズボン
    やまねあやの様は初めてですが、綺麗な絵を描かれているのですね
    BLの世界、まだまだ広いです
    2007年03月09日 18:50
  • poppy-23

    かなたさま。★コメントありがとうございます。
    >ごっついですよね~!!!!!!
    >絵も綺麗なのでついつい手に取ってしまいますが(汗)
    そうですよね。やまねさんって、すごく美麗な絵柄なのに、けっこうエロいですよね~~。特に「~標的」の麻見に最初に秋仁が捕まったときの、いたぶられ様は…=_=;)。

    >poppy-23さんの記事って面白いです!
    >ドンドン読めちゃう。内容も分かり易いです。
    いやはや、++;)思ったことをそのままガガガ~~!!
    っと書いてしまうので、誤字脱字が激しくてお恥ずかしいのですが、楽しんでいただけたらうれしいです。
    かなたさんも高知出身ですか?^‐^)どうぞ、ドンドン書き込んで、突っ込んでください~~!
    2007年03月09日 19:31
  • poppy-23

    ゆのさま。☆コメントありがとうございます。
    >poppy-23様の語りが面白いですぅε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
    うわっ!ありがとうございます~~。
    関西に住んで長いもので、つい「どどど~~!」とか
    「がば~~っ!!」とか擬音でなだれこんじゃったりするんですが、書くたびにボキャブラリーの少なさに赤面しています。
    >BB GOLDの表紙絵はそそられます・・・
    >包帯、傷はKOされちゃいますよね
    >そして見逃さない、開いてるズボン
    そうなんですよ。画像ではうまきこと「SAMPLE」の字が
    微妙な位置で重なっているところがニクイでしょう?
    ^-^)実は、麻見氏の銃創は肩を貫通したようで、作中でちゃんと、前と後に傷があるところが、またまたニクイです。ゆのさまも、機会があったら読んでみてください。コミックの中の短編もおもしろいですよ~~!
    2007年03月09日 19:38
  • るる

    こんばんは~☆
    やまねあやのさんのマンガはいつも手にとって
    買おうか迷って買っていません(汗)
    絵がきれいですよね。ストーリーも気になっていました。
    ぜひ読んでみますvv
    GOLDにも載っていたのですね。
    でも、みなみ遙さんのマンガが気になります~
    2007年03月11日 01:07
  • poppy-23

    るるさま★こんばんは~~。
    おいでくださってありがとうございます~~。
    >買おうか迷って買っていません(汗)
    >絵がきれいですよね。ストーリーも気になっていまし>た。
    ふふふ、やまねさんって絵がキレイなわりにエロイから買うのを、ちょっとためらっちゃうでしょう?でも!
    そこが、臨界点なんですよね~~。ご近所にブックオフなどありましたら、まずは立ち読みから…。
    無理をせず、自分の好みに忠実にBL界を広げて行ってくださいね~~。(むふふ)
    >でも、みなみ遙さんのマンガが気になります~
    むむ、「誰だっけ?」(注:クリムゾン・スペル1巻より、「お師さま」の言葉、より。分かる人だけ、笑って~~)
    2007年03月11日 03:01
  • 藤崎

    poppy-23さん、こんにちは。おぉ、やまねさんだ~!!
    と、すっかりやまねさんの大ファンになっております☆

    >「クリムゾン・スペル」の第2巻がやっと出るようです。
    >しかし!!!なんと3月24日!
    ・あ、嬉しい情報♪♪でも私もpoppy-23さんと同じで
    その頃、実家なのですぐには買えません~^^;
    そして出ると分かると次の3巻のことが気になってしまう。
    1年に1冊ペースは辛いなぁ…

    >「ファインダーの標的」では、けっこうガタイのいいアンちゃん
    >なんですが、この表紙ではまるで少年のような線の細さが、
    ・なんと、この細っこい(?)のは麻見さんでしたか!
    秋仁クン不在の心労で痩せてしまったのか?!(笑)
    飛龍の誤解はまだまだ続行中なのですね~。あの勘違いの時点で、
    誤解を解いておけば良かったのにといつも思うのですが、
    言わなかったのは麻見さんの優しさ…なのかな??(考えすぎかな…)
    何だかもどかしいです~!!
    2007年03月11日 13:26
  • poppy-23

    藤崎さん!★こんにちは。
    ちょっとお久しぶりです。ご無沙汰してすみません。
    >その頃、実家なのですぐには買えません~^^;
    あら?藤崎さんもですか!?今月はキャラSelectionも出るので、実家でひたすらイライラしそうです~~。
    >・なんと、この細っこい(?)のは麻見さんでしたか!
    >秋仁クン不在の心労で痩せてしまったのか?!(笑)
    はははは(^0^)。そうか~~!さすがの麻見氏も、痩せちゃったんですね。それは、気がつかなかったです~。
    >あの勘違いの時点で、誤解を解いておけば
    >良かったのにといつも思うのですが
    そうですよね~~。こう言うちょっとした、すれ違いがおおいにストーリーの軸になっちゃってるところがじれったいですよね。どうなるんでしょう?あの二人は?
    2巻でも、かなりいい線いってたのに。。
    藤崎さんは、どう読みますか~?
    2007年03月11日 16:09
  • れいレイ

    こんばんわ!!

    この作品最初から読んでいたわけではないですが、今GOLDに掲載されてますよね。読んでます。
    このがっしりした系好きです。
    BLって言いつつ、受けの子が軟弱なのってちょっと??…派なんです・・・。

    そういえば、poppy-23って、新撰組も好きなんですね??
    私も幕末大好きなんです♪♪♪
    土方派です!!!
    2007年03月17日 23:03
  • れいレイ

    すみません!!!
    「様」を入れ忘れました!!!
    すみません、poppy-23様!!!
    2007年03月17日 23:05

この記事へのトラックバック

家族愛?
Excerpt: 『ファインダーの標的』でちょっと妄想。 例の3人+陶が家族だったら面白そうだなぁ…と。 やまね先生ごめんなさい。 父:麻見 母:飛龍 兄:秋仁 弟:陶 と、こんな感じで。 個人的に、飛龍には幸せになっ..
Weblog: 4+1
Tracked: 2007-06-09 21:55